難聴児子育てブログ

難聴による人工内耳装用から現在の状態、成長記録。

言葉

こもったような言葉

投稿日:

はーやんの発する言葉の中にはこもったような言葉が含まれることがあります。

特にカ行の言葉が言いにくいのか、出にくいのはわかりませんが、なんていうんでしょうか・・・何となくはわかるけど聞き取りにくいといいますか・・・

昨日はリハビリだったので、このことを先生に相談するとなるほどという答えが返ってきました♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク





人工内耳を装用するようになって、装用したてのころと今では、聞こえているデシベルは同じぐらいかもしれませんが、良くなっていることは

間違いなく、より鮮明に聞こえてきている。なので初めの方に覚えた言葉に関しては、まだ今ほど鮮明に聞こえていたわけではない可能性があり、

聞こえた通りに覚えていて、口の形なども含めそれが影響しているのではないかということでした。

確かに現在覚えてきている言葉は全てではないですがハキハキとしていて聞き取りやすい!

なのでこれからの課題としては、気になる言葉が出た場合は、しっかり僕らが覚えておいて正しい発音、口の形で改めて教えてあげるということになります♪

一度身についているので、すぐには難しいかもしれませんが、1つずつクリアにしていきたいと思います♪

ちょうどこのころぐらいに覚えていた言葉が気になるところ~・・・

特にカ行がと先生に言うと、次のマッピングの時にカ行がしっかり聞こえるように調整しますねとのことでした・・・

ん???そんなことまでできるの???

おっと忘れるところでした!!!

皆さんおお気づきでしょうか?このスプーンの持ち方!!!笑

特に人差し指に注目!!

まだまだ!!!笑

反対の手をご覧ください!スイカにめり込んじゃってます笑

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-言葉
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リハビリテーションとハビリテーションの違い

大学病院で子供が人工内耳の手術をしこれからは、リハビリの為通うこととなりました。 そこで言語聴覚士の先生から正確にはリハビリテーションではなくハビリテーションになりますと言われました。 ん???ハビリ …

月齢にあった言葉の数や理解

難聴ということもあり言葉の発達について今の月齢なら大体このぐらいは 話せたり単語を知っている、理解しているのが普通。というのは調べてはいるのですが 人工内耳をして1年も経っていないこと、正直裸耳や補聴 …

聴覚支援学校子育て講座での言葉

昨日月に一回の聴覚支援学校の子育て講座に参加させていただきました♪ 行った内容 1太鼓のリズムに合わせて、歩いたり、走ったり、止まったり 2凧揚げ 3自由遊び 自由遊びの中身は、トンネルくぐり、山越え …

聴覚支援学校での言葉

言葉というのは心を大きく動かす動力となります。 前回の記事でも書きましたが、「普段から丁寧に接しているからこそしっかり声掛けにも反応しているし、しっかり観察し理解しようという 姿勢がみられる」という言 …

no image

物事を早く決めてしまうと視野が狭くなる

療育施設では2歳児までとなっており、その先は通常の保育園、幼稚園、支援学校幼児部と 別れていきます。 自分の考えとしては現段階のはーやんの言葉の感じや発達具合からして支援学校幼児部ではなく、 通常の保 …

ブログの更新をメールでお知らせできます。

メールアドレスを記入しメールで通知ボタンを押していただくと、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

自己紹介

自己紹介

暴れん坊2人の育児奮闘記録ブログです♪

お兄ちゃんは高度難聴のため人工内耳装用児になります。

療育の事を中心に書いていきます。