難聴児子育てブログ

難聴による人工内耳装用から現在の状態、成長記録。

考え事

日々の声掛け

投稿日:

前回の記事で水遊びの際には我慢するしかないのかということを書きました。

現状のはーやんへの声掛けとしては、例えば保育園の帰りに雨が降っているときは、「お耳が濡れてしまうと壊れてしまって聞こえなくなるから外そうね」と声を掛けて

外しています。

はーやんもこの声掛けで理解しているのか、ベランダで水遊びをするときは「壊れるから外すと」と言って自分から外すこともあります。

お水遊びしないと言っているのに・・・笑 勝手に外すときもあります笑

今妻と話しているのですが、結構直球で雑な声掛けだよねと・・・お互いに同じような声掛けをしているので・・・

でもこの声掛けが簡単で分かりやすいと思うわけなのですが・・・どうなんでしょうか・・・いいのかどうかわかりません!!!

また理解が深まってくると工夫しないといけないとは思っています。。。

親は子供の障がいというものを受け入れ可能な支援をしていく。。。

子供は自分の障がいを理解し、どうすばまわりと同じスタートラインにたつことができるかということを考え行動する。。。

まだ先の事だとは思いますが、僕の今の頭の中での障がいに対する僕ら親のあり方、はーやんのあり方の考えはこういう風に考えています。

医療が進みどのように変化していくかはわかりませんが、変えられること、変えられないことあるので受け止める、理解するこれがとても大事なんではないかと思います。

ん?またしてもあまりまとまっていない感じになってしまったかな・・・?

懐かしいですね~顔つきはやはり変わっていませんね~♪笑

ポチッっと押していただければうれしいです♪


人気ブログランキング

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-考え事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地域でのつながり

現段階の予定ですが、はーやんは3歳児に上がるにあたり聴覚支援学校ではなく地域の保育園で生活することになります。 僕は毎年地域の市民体育祭に参加しています。 僕の出身校、出身地域でもあるためかはわかりま …

人工内耳をどうゆう風に感じているのか?

昨日の事なのですが、はーやんとみーやんを 公園に連れて行ったときの事です。 はーやんが砂場で遊んでいると小学生前 ぐらいの女の子が「一緒にあそぼ~」 とはーやんに声を掛けてくれました♪ はーやんは突然 …

手厚いと感じる聴覚支援学校

昨日聴覚支援学校での子育て講座に参加して改めて思ったことを書いていきたいと思います! タイトル通り、やはり手厚いな~と感じます!3歳児に上がるにつれての選択しなければいけないことが聴覚支援学校か、地域 …

選択しなければいけないこと

前回の記事でも触れましたが、3歳児に上がるにつれて難聴児は大きな選択しなければならないことがあります。 地域の療育施設は2歳児まで! ここから支援学校に行くのか、地域の幼稚園、保育園行くのかという大き …

no image

きっかけ!

昨日テレビで手話の事をやっていたのを見ていたのですがその中で学校へ行き 難聴の子供に対して支援していきたい、関わる仕事に就きたいと考えていますという生徒さんがいました。 その時僕は考えさせられたことが …

ブログの更新をメールでお知らせできます。

メールアドレスを記入しメールで通知ボタンを押していただくと、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

自己紹介

自己紹介

暴れん坊2人の育児奮闘記録ブログです♪

お兄ちゃんは高度難聴のため人工内耳装用児になります。

療育の事を中心に書いていきます。