難聴児子育てブログ

難聴による人工内耳装用から現在の状態、成長記録。

言葉

聴覚支援学校での言葉

投稿日:2017年11月19日 更新日:

言葉というのは心を大きく動かす動力となります。

前回の記事でも書きましたが、「普段から丁寧に接しているからこそしっかり声掛けにも反応しているし、しっかり観察し理解しようという

姿勢がみられる」という言葉をかけていただき自信にもつながりましたし、なにより安心しました。

初めての子供で子育ても全部が初めて。難聴ということで療育についても初めて、初めて初めて初めて・・・

上の子がいるわけではないので比べることもできない・・・

スポンサードリンク



他の同じぐらいの月齢の子はどんな感じなのだろうか・・・???

ネットで調べては不安になり調べては不安になりということを繰り返す・・・

そんな中、優しい言葉、心を動かすような言葉をかけてくださる方もたくさんいました。

不安でいっぱいの中での子育て・・・これらの言葉に本当に救われました。

まだまだ2歳になってばかりでこれからたくさん困難なこと、間違いなく出てきます。

くじけることなく頑張っていこうと思います!!!

ババちゃん手作りの毛糸のシューズ♪

なーんて暖かそうなんでしょうか~♪♪♪

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-言葉
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

月齢にあった言葉の数や理解

難聴ということもあり言葉の発達について今の月齢なら大体このぐらいは 話せたり単語を知っている、理解しているのが普通。というのは調べてはいるのですが 人工内耳をして1年も経っていないこと、正直裸耳や補聴 …

言葉の変化

初めて聞く言葉は一発で言えるときと言えない時があります。 それらしく言っていればそれはそれでよし♪ 2、3回口元を確認してもらい、ゆっくり、わかりやすく発音することはありますが、それ以上言えるように …

no image

影響を与える言葉!

お耳の療育施設に通いだしてそこでの先生からの言葉。 病院でのハビリテーションしてくださっている先生からの言葉。 同世代の子供を持つ友達からの言葉。 講演会での言葉。 自分では考えもしなかった言葉の影響 …

2歳を過ぎて言葉の数が増える

2歳を過ぎて急に言葉の数が増えてきた♪ ふと友達から掛けられた言葉を思い出した! 公園へ4家族で出掛けた時、初めて子供を連れて一緒に遊びに行ったのですが、 人工内耳を装用していったので初めて見たからか …

難聴の子の特徴

子供が言葉を覚えるとき例えば「これはイチゴっていうんだよ」と教える場合もあるけれど ある程度の言葉は親の会話やまわりが話している言葉を聞いている間に自然と理解し、覚えていく。 スポンサーリンク スポン …

ブログの更新をメールでお知らせできます。

メールアドレスを記入しメールで通知ボタンを押していただくと、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

自己紹介

自己紹介

暴れん坊2人の育児奮闘記録ブログです♪

お兄ちゃんは高度難聴のため人工内耳装用児になります。

療育の事を中心に書いていきます。