難聴児子育てブログ

難聴による人工内耳装用から現在の状態、成長記録。

言葉 聴覚支援学校

聴覚支援学校子育て講座での言葉

投稿日:

昨日月に一回の聴覚支援学校の子育て講座に参加させていただきました♪

行った内容

1太鼓のリズムに合わせて、歩いたり、走ったり、止まったり
2凧揚げ
3自由遊び

自由遊びの中身は、トンネルくぐり、山越え、滑り台、新聞紙がびりびりに破られたものが入っているプール。

自由遊びで意識することは、行きたがる子供の一歩前に立ち、次はあれをしよう、これをしようと声掛けをし

出来た時にハイタッチし、しっかりコミュニケーションを取り同調すること♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




月に一回の講座ですが毎回なるほどなるほど!と思うことがたくさんあります。

また、難聴の子供と接するときに注意すること、何を意識するかなど具体的に説明してくれます♪

講座の最後の話しの時、とても心に残った言葉がありました。

「言葉に感情が乗る」

という言葉です。

補聴器や人工内耳を装用すると確かに音が届けられるようになる。

でも例えば、その人が普通に話しているときの話し方と、ちょっと怒っているときの話し方で

同じ言葉を使ったとしたら、ちょっとした声のトーンや同じ言葉だけどいつもと違う感じなどで僕たちは

「あっこの人いつもと違う感じがする」「怒ってるのかな?」と小さな変化でも気づくことが出来ますが、

難聴だとその部分の小さな変化をとらえるのが難しい・・・

聞こえている、聞こえているけど言葉だけで感情までとらえるのはなかなか難しいということも

あるので、講座では基本的に子供の正面、もしくは斜め前に立ちしっかり目、顔全体を見えるように

して声掛けをします。

言葉だけではとらえることが難しいので表情を見ることによってどのような感情で話しているのか、ということを

自然に意識するようにしているんじゃないかと思っています。

しっかり相手の顔を見て話をする!というのがとても大事になってきます。

相手の目や顔をしっかり見て、感情をとらえるという部分をしっかり伸ばしていきたいと思います♪

これから先、グループの中での生活になっていくのでいろいろなところから声がする場面においては

やはり話しているのはその人だけ!ということはあまりないので大きなハンディーになるのは

間違いないとは思います。。。

声の方向、自分が必要としている声をピックアップする能力もしっかり伸ばしていきたいと思います♪

見よ!この弾けんばかりの笑顔を!!!笑

お気に入りのトーマスに乗って上機嫌すぎるはーやんなのです♪笑

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-言葉, 聴覚支援学校
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聴覚支援学校見学1

先日聴覚支援学校の見学会に参加しました。(妻が) 本当は行くつもりで以前から休みを取っていたのですが下の子が突発で40度を 超える熱だったので行くことが出来ず1人での参加となりました。 大事な話は2人 …

no image

リハビリテーションとハビリテーションの違い

大学病院で子供が人工内耳の手術をしこれからは、リハビリの為通うこととなりました。 そこで言語聴覚士の先生から正確にはリハビリテーションではなくハビリテーションになりますと言われました。 ん???ハビリ …

月齢にあった言葉の数や理解

難聴ということもあり言葉の発達について今の月齢なら大体このぐらいは 話せたり単語を知っている、理解しているのが普通。というのは調べてはいるのですが 人工内耳をして1年も経っていないこと、正直裸耳や補聴 …

no image

影響を与える言葉!

お耳の療育施設に通いだしてそこでの先生からの言葉。 病院でのハビリテーションしてくださっている先生からの言葉。 同世代の子供を持つ友達からの言葉。 講演会での言葉。 自分では考えもしなかった言葉の影響 …

言葉の変化

以前に比べ一段と言葉の数が増えてきました♪ 言葉の数が増えただけでなくはっきりと発音できる言葉が増えてきていることをしみじみと感じます! 本当に?え?急に???という感じで毎回毎回びっくりしています♪ …

ブログの更新をメールでお知らせできます。

メールアドレスを記入しメールで通知ボタンを押していただくと、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

自己紹介

自己紹介

暴れん坊2人の育児奮闘記録ブログです♪

お兄ちゃんは高度難聴のため人工内耳装用児になります。

療育の事を中心に書いていきます。